カテゴリー別アーカイブ: Sports

ファラオをデザインしたデッキ「Paul Rodriguez Pharaoh Deck」

Paul Rodriguez Pharaoh Deck

スケートボーダーの Paul Rodriguez(ポール・ロドリゲス)のシグネイチャー・モデルで、古代エジプト、ファラオをデザインした「Paul Rodriguez Pharaoh Deck」。これは凄いし、出来が良い(笑)。


「Manny Pacquiao vs Floyd Mayweather Jr.」の予告編

Manny Pacquiao vs Floyd Mayweather Jr.

2人のファイトマネーの合計が、330億円以上(!?)になると噂される世紀の対戦「Manny Pacquiao(マニー・パッキャオ)vs Floyd Mayweather Jr.(フロイド・メイウェザー)」の予告編が公開されていました。2015年5月2日(日本時間3日)に向けて盛り上がりますね。

Pacman: My Story of Hope, Resilience, and Never-Say-Never Determination
Manny Pacquiao
Dunham Group, Inc.
売り上げランキング: 95,357

1問1答の名物企画にユルゲン・クロップ監督が答える「1LIVE Fragenhagel」

Jürgen Klopp

ドイツのラジオ局「1LIVE」の名物企画「1LIVE Fragenhagel」に、ドイツ、ブンデスリーガの人気チーム Borussia Dortmund(ボルシア・ドルトムント)の指揮官 Jürgen Klopp(ユルゲン・クロップ)監督が登場。
1問1答の質問に矢継ぎ早に答えるという企画なのですが、どんな質問にも臆面なく答えいる監督に好感が持てますね。
日本語字幕も用意されているので、YouTube の設定を “ON“ にしてご覧になってみて下さい。


レアル・マドリードのサード・ユニフォームを「Yohji Yamamoto」がデザイン

Yohji Yamamoto

スペインの首都 マドリードに本拠地を置く名門サッカー・クラブチーム「Real Madrid(レアル・マドリード)」のサード・ユニフォームをなんとファッション・ブランド「Yohji Yamamoto(ヨウジ・ヤマモト)」がデザイン。
近年「Y-3」のデザイナーとしてファッションとスポーツを結びつけてきた実績からこういう組み合わせになったのかもしれませんね。
個人的な感覚からすると若干うーん(笑)となる感じですが、ブラック・カラーにブラックのドラゴンのプリントが迫力ある仕上がりになっています。

山本耀司。モードの記録。 モードの意味を変えた山本耀司の足跡を探して。
文化出版局
文化出版局
売り上げランキング: 39,627

ポール・スミスが製作したマットブラックのロードバイク「Mercian Fixed-Gear Bike」

Paul Smith 531 Mercian Fixed-Gear Bike

イギリスのブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」とオーダーメイド自転車メーカーの「Mercian Cycles(メルシャン・サイクル)」が共同で製作したロードバイク「Paul Smith 531 Mercian Fixed-Gear Bike」。手作りの軽量スチールがマットブラックでとても格好良いですね。ファッション・オンラインショップ「MR PORTER」にて発売。


ブラジルW杯の優勝トロフィー専用ケースのデザインを「Louis Vuitton」が担当

Louis Vuitton

2010年・南アフリカW杯に続き、ブラジルW杯の優勝トロフィー専用ケースのデザインを「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が担当。ケースはトロフィーを簡単に出し入れ出来るように正面と上部が開口するデザインになっています。
なんだか厳かな感じがしますね(笑)。

Sports Graphic Number PLUS「ブラジルW杯蹴球読本」
文藝春秋 (2014-05-22)
売り上げランキング: 622

軽量、高速の “電動“ スケートボード「Marbel – The Lightest Electric Skateboard」

Marbel

軽量、高速、かつ使いやすいように設計された “電動“ スケートボード「Marbel – The Lightest Electric Skateboard(マーベル・ライテスト・エレクトリック・スケートボード)」。
1回のチャージで16kmまで走行可能で、最高時速がなんと32km。ボディはカーボンとケブラー素材を使用し、重さ4.5kgと軽量化を実現。iOS/Android 対応の専用アプリで最高速度やアクセルの強弱をセッティングが出来たり、アプリからスロットル調整も出来てしまうそう。
道路の環境にもよると思いますが、自転車の代わりになる通勤手段の一つになるかもしれませんね。


伝説のサーファー映画のスケートボード「Dusters California × Endless Summer」

Dusters California × Endless Summer

Bruce Brown(ブルース・ブラウン)が1964年に撮影したサーフィン・ドキュメントの代表作「The Endless Summer(エンドレス・サマー)」は5万ドルという低予算で制作し、全世界で3千万ドル以上の収益をあげた永遠不滅のサーフィン・ムービー。
本格的なサーファー映画として製作者とサーファー2人のたった3名で作られた異色の映画として知られています。
その同映画の撮影から50周年を迎えて「Dusters California(ダスターズ・カリフォルニア)」から有名なメイン・ビジュアルを使用したクルーザー、ロングボードの2タイプのスケートボードがリリース。
まさに夏っぽいカラーリングが最高ですね。

エンドレス・サマー [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント (2010-08-04)
売り上げランキング: 11,872

凄技 “サムライ“ のサッカー・ブラジル武者修行「SAMURAI IN BRAZIL」

SAMURAI IN BRAZIL

このCM、アイデアが面白いしカッコいいですね(笑)。凄技 “サムライ“ の正体は、日本人初フリースタイルフットボール世界チャンピオンの徳田耕太郎。甲冑のデザインも素敵です。
今週末から始まるブラジル・ワールドカップに向けていよいよ盛り上がってきましたね。


“Google Street View“ でブラジルワールドカップのスタジアムを楽しもう

Arena Pernambuco

2014年6月12日から7月13日にかけてブラジルで開催される「2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL(ブラジルワールドカップ)」。
そのワールドカップで実際に使用されるスタジアムを Google Street View が公開しています。
観客はもちろん居ませんが、普段足を運ぶことができないスタジアムの “中心からの視点“ はとても新鮮ですね。
因に日本代表の一試合目のコートジボワール戦で使用されるスタジアムは「Arena Pernambuco(アレナ・ペルナンブーコ)」、二試合目、ギリシャ戦は「Estadio das Dunas(エスタジオ・ダス・ドゥナス)」、三試合目、コロンビア戦は「Arena Pantanal(アレナ・パンタナール)」になっています。


1970年代のスケーター・ガールズ「1970s Skater Girls」

1970s Skater Girls

1970年代のスケーター・ガールズの写真を集めた「1970s Skater Girls」。
長い手足にホットパンツ、ハイソックスがとてもよく似合っています。
時代なのか、中には全然スケートボードをしなさそうなファッションの方もいて面白いですね。

Skater Girl
Skater Girl
posted with amazlet at 14.05.26
Patty Segovia
Ulysses Pr
売り上げランキング: 1,189,127

純金(!?)で出来たスケートボード「Gold Plated Skateboard」

SHUT

ニューヨークのスケートボードカンパニー「SHUT」からリリースされている純金で出来たスケートボード「Gold Plated Skateboard」。
スケートボードの表層部分に、純度 99.9999% の金メッキを施し、全体を鏡面仕上げにしています。
お値段は15,000ドル(約153万円)。驚きの価格です(笑)。


メルセデス・ベンツが作ったサーフボード「Silver Arrow of the Seas」

Silver Arrow of the Seas

ドイツの自動車メーカー Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)が、プロのビッグウェーブサーファー Garrett McNamara(ギャレット・マクナマラ)の為に作ったサーフボード「Silver Arrow of the Seas(海の銀色の矢)」。この美しいサーフボードは、見た目の優雅さと同時に機能も充実。ボード上のすべてのものは、マクナマラ本人のサーフスタイルに合わせられ、更にサーフィンの腕を上げられるように、波乗りの動きを分析する、統合型遠隔計測システムが搭載されているそうです。マクナマラのビッグウェーブの経験とメルセデスベンツの実績のある世界トップクラスの設計との融合。現在のところ量産はしないそうですが、こういった他業種が自身の強みを持って別の業種に参入するのはとても面白い試みですね。

Ride the Giant Waves With Garrett Mcnamara (Robbie Readers)
Carol Parenzan Smalley
Mitchell Lane Pub Inc

オリンピックとファッションブランドが急接近

Shaun White

ソチ・オリンピックを観ていて、スノーボード、ハーフパイプの Shaun White(ショーン・ホワイト)らアメリカ代表選手が着ていたスノーボードウェアが気になっていたのですが、「BURTON SNOWBOARDS(バートンスノーボード)」だったんですね。ここ日本でもダウンジャケットが大人気な「MONCLER(モンクレール)」はイタリアのアイススポーツ連盟とパートナーシップを結び、ソチ参加選手にウエアを提供。代表団の公式ウェア担当は「EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ)」。フランス代表団の公式ウェアは母国のブランド「LACOSTE(ラコステ)」が担当。2012年のロンドンオリンピックに続いてアメリカ代表団の公式ウェアのデザインを担当したのは「Ralph Lauren(ラルフローレン)」。ファッションブランドがオリンピックでのプレゼンスを本格化してきたのはここ近年らしく、今から2年後の2016年リオデジャネイロ・オリンピックでは更に加速しそうな予感ですね。因に、日本の公式ウェアは「大丸松坂屋百貨店」が担当。個人的には若干残念な気もしますが。。(笑)UNDER COVER(アンダーカバー)は近年 NIKE(ナイキ)と組んで、今までに無いランニングウェアを発表していますし、COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)も水着メーカー、SPEEDO(スピード)の競泳水着「Fastskin LZR Racer(レーザー・レーサー)」をデザイン。北京オリンピックでは競泳アメリカ代表の水着のデザインも担当しています。実績もあるし、この辺のブランドがデザインした日本代表団のウェアを次のオリンピックでは見てみたいものですね。

ショーン・ホワイト スノーボード
ユービーアイ ソフト (2009-02-05)
売り上げランキング: 8,025

ナイキ × アンダーカバー 2014年新作「GYAKUSOU SPRING 2014 COLLECTION」

GYAKUSOU 2014 SS

NIKE(ナイキ)と、UNDERCOVER(アンダーカバー)の高橋盾が作るランニングギアのコレクションである「GYAKUSOU(ギャクソウ)」。その2014年春コレクションが公開。今回のコレクションでは、歓喜と苦悩、高揚と脱力、忍耐と放棄の間にある葛藤というランニングの中にある相反する感情を、カラーブロッキングやグラデーションで表現しているそう。2014年2月15日からナイキのオフィシャルサイトにて先行発売。2月22日からはナイキやアンダーカバーの店舗でも発売予定。ランナーの方、必見ですね。


123